レビュー グルメラーメン

セブンイレブンの二郎系豚ラーメンがウマすぎてヤバい【とみ田監修】

レビュー

美味しい二郎系ラーメンがコンビニで買えたら嬉しいですよね。

「ラーメン二郎」に行かずとも、本格的「二郎系ラーメン」はコンビニで食べられます

そんなあなたに、リニューアルしたセブンイレブンの豚ラーメンをおすすめします。

コンビニ飯にもかかわらず、ラーメン屋で食べる二郎系ラーメンとほぼ変わりありません

そんなセブンイレブンの豚ラーメンの魅力を余すことなくお伝えします。

この記事は二郎系ラーメンが気になる初心者さんに向けて、分かりやすく書いていますので是非、最後までお読みください。

スポンサーリンク

セブンイレブンの新商品。中華蕎麦とみ田監修の豚ラーメン

セブンイレブンの豚ラーメンはまるでラーメン屋で食べるラーメンのようです。

一昔前のコンビニラーメンと言えば麺はのびきり、あまり美味しくありませんでした。

ですが、現在は違います。

特にセブンイレブンの豚ラーメンはひと味もふた味も違います。

ラーメン屋で食べるラーメンとほぼ同じと言っても過言ではないかと。

とにかくおすすめの「中華蕎麦とみ田監修の豚ラーメン」ですが、2019年1月より発売が開始され、その後マイナーチェンジを繰り返しながらさらに進化して、2020年2月19日に新商品としてリニューアルされました。

その名も「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン 550円(税込594円)」です。

中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメンのスペック

  • 商品目:中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン
  • 発売日:2020年2月19日
  • 価格:550円(税込594円)
  • スープ:豚脂たっぷりの豚骨醤油スープ
  • 麺:かなり太め硬めのちぢれ麺
  • 具材:キャベツ、もやし、豚バラチャーシュー、ニンニク
  • 内容量:677グラム(麺200グラム)
  • カロリー:822キロカロリー

コンビニで二郎系を食べたいならセブンイレブンの豚ラーメン。その特徴

一言で言ってセブンイレブンの豚ラーメンは「二郎系ラーメン」です。

千葉県松戸市にあるラーメン屋「とみ田」が監修した二郎系ラーメンという認識で大丈夫でしょう。

とみ田はつけ麺が売りのようですが、深いことは気にしません。

あと、ごめんなさい。「とみ田」にはまだ行ったことないです。

また、二郎系ラーメンについて知らない人に一応説明すると、特徴は濃いめの豚骨醤油スープに、うどんのような硬めの太麺、そして茹でたキャベツともやしに分厚い豚チャーシューをのせたラーメンです。

元祖は「ラーメン二郎」ですが、爆発的にヒットしたため、全国に「ラーメン二郎」を真似た「二郎インスパイア」店舗が増えました。

この商品も直接的に「ラーメン二郎」と関係はありませんが、二郎インスパイア系ラーメンになります。

スポンサーリンク

豚ラーメンを購入した理由・決め手

私は、セブンイレブンの豚ラーメン(旧商品)をめちゃめちゃ食べました。

多分、通算20杯は食べたと思います。食べ過ぎですね。

なんでしょうか、アブラの怖さでしょうか。

とにかく、こういった二郎系ラーメンは一度食べると、クセになってしまうのです。

そして、特にセブンイレブンの豚ラーメンは二郎系ラーメンを忠実に表現しており、手軽に買えるとだけあってついつい買って食べてしまいます。

そんな、愛する豚ラーメンがフルモデルチェンジしたとだけあって食べずにいられませんでした。

そして、今回実際に電子はかりでグラム数までしっかり計りましたのでレビューしていきます。

以前の豚ラーメンと何が変わったのか

セブンイレブンの麺類商品紹介ページを見るかぎり、リニューアル前の商品はもう無いようです。

以前の豚ラーメンと比べて、味はほとんど変わっていませんが、ところどころ変更があります。

増えたのはチャーシュー、ニンニク、野菜

麺以外の内容量が増えて約700グラム

公式では640グラム(麺200グラム)から677グラム(麺200グラム)に増えたようですが、実際に計ってみるともう少し重かったです。

容器と合わせて717グラム

容器の重さが23グラムでしたので、それを差し引いて内容量は約700グラムです。

以前の商品を計測していないので正確な数値は分からないのですが、体感で少し重くなったと思います。

そして、カロリーは驚きの717kcalから822kcalに。

モンスター級ですね。

チャーシューと野菜はマシてます

旧商品と比べてチャーシューもかなり分厚くなりました。測ってみると約1cmで約2倍厚くなっています。

野菜も増えているようです。

麺の量に変化は無いため、それ以外の具材が約37グラム増えているのです。

生ニンニクからアブラニンニク玉に変更

以前は生のきざみニンニクが入っていましたが、新商品には、きざみニンニクをラードと背脂とでかためた「アブラニンニク玉」なるものが入っています。

前商品の豚ラーメンと比べてニンニクの量は約3.5倍だそうです。

価格が高くなったのは残念

一方、嬉しい変化だけではなく、残念な点もあります。

それは、価格の上昇です。

以前、550円(税込)だったのですが、594円(税込)に値上がりしています。

消費税増税のほとぼりがさめてきた頃にしれっと上げてきましね。セブンイレブン。

まあ、量が増えたので仕方ないと言えば仕方ないのですが。

豚ラーメンを実際に食べた感想

私はちょっと硬めが好きなので、表示時間の7分30秒(500W )より短めの7分10秒で電子レンジにかけます。

食べた感想は安定の美味しさです。

このコッテリ味の濃い感じがたまりません。

そして、チャーシューは味が染みていてほろほろ崩れます。

麺はシッカリ硬めで、うどんと比べてコシがあって美味しいです。

体に悪いことはわかりつつ、スープも飲み干してしまいます。激ウマです。

豚ラーメンはこんな人におすすめ

今まで「ラーメン二郎」に行く勇気がなかったけど、チャレンジしてみたいという二郎初心者さんや、テイクアウトの「鍋二郎」の代わりに、自宅で二郎系ラーメンを食べたいっていうジロリアンにもおすすめですね。

鍋二郎…鍋を持参してラーメンを持ち帰り出来る「ラーメン二郎」一部店舗でやっているサービス。

補足ですが、ローソンやファミリーマートにも二郎系ラーメンはありますが、セブンイレブンの豚ラーメンがずば抜けて、お店で食べるラーメン感が強いです。

これこそ「コンビニで買える、本格二郎系ラーメン」です。

是非、あなたもお近くのセブンイレブンでお試しください。