不動産 宅建士

令和2年度(2020年10月)宅建士試験の過去問|12月受験者必見

不動産

本記事では、2020年10月18日(日)に行われた令和2年度 宅地建物取引士試験(10月実施)の問題(過去問)を掲載しています。

実際の試験問題を書き起こししたものをPDFファイルにしました。

特に2020年12月受験者や来年度に受験予定の方は必見です。

ぜひ、あなたの学習にお役立てください。

※ PDFファイルは予告なく変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

令和2年度(2020年10月実施)の宅建士試験の過去問【PDF】

令和2年度(2020年10月実施)の宅建士試験の過去問(問題用紙)は記事執筆時点の2020年10月19日では、まだ公式掲載がありません。

そのため、全50問を書き起こししたものをいち早くPDFファイルにしてご用意しました。

問題はこちら。

>> 令和2年度(2020年10月)宅建士試験 過去問.pdf

全12ページ、A4サイズでそのまま印刷ができます。

なお、誤字脱字はご了承の上お使い頂ければと思います。

令和2年度(2020年10月実施)の宅建士試験の解答

令和2年度(2020年10月実施)の宅建士試験の解答に関しましてはこちらのページ「令和2年度 宅建士試験解答速報と予想合格点【2020年10月】」をご覧ください。

令和2年度(2020年10月実施)の宅建士試験の目標点:まとめ

令和2年度(2020年10月実施)の宅建士試験は、例年と比べて少し簡単だったようです。

そのため、目標点も少し高めです。

記事執筆時点でまだ正式な合格点が発表されていないため、あくまで予想になりますが厳しめに見て予想合格点は、以下のようになります。

  • 一般受験者:38点±1
  • 5問免除者:33点±1

上記点数を目指して演習に取り組んで頂ければと思います。

なお、2020年12月受験者や来年度に受験予定の方のお役に立てれば幸いです。

不動産
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
izuki.net