ライフハック

IFTTTが有料プラン発表で無料は3つまでに改悪【代替案はこれ】

ライフハック
  • IFTTTを使ってたら「Get IFTTT Pro」と表示されてしまった。
  • 有料プランと無料プランの違いを教えて。
  • IFTTTの代替案として乗り換え先はどこがいいの?

こんな、疑問に答えます。

結論からいうと、IFTTTは有料プラン導入に伴い、無料プランでは自作アプレット数が3つまでに制限されるようになってしまいました。

本記事では、IFTTTの有料プランと無料プランの比較、これからの代替サービスとしてどのようなものがあるのか紹介しています。

「IFTTT」の有料プランに課金したくはないから、同じような代替えサービスを知りたいという方は是非読み進めてみてください。

スポンサーリンク

ついにIFTTTが有料プラン「IFTTT Pro」導入で無料プランは改悪

IFTTTとは様々なWebサービス同士を連携させることができるWebサービス。

例えば、「TwitterでつぶやいたらEvernoteに記録する」などが自動で可能になります。

この度、IFTTTは有料プランの導入とともに無料プランは自作のアプレット数が3つまでと制限されるようになりました。

IFTTTで新たなアプレットを作成しようとしたら、突如つぎの画像が現れて驚いた人も多いかと思います。

Get IFTTT Pro

You’ve created ◯◯ Applets. Upgrade now to create unlimited Applets and access to more powerful Pro tools. Learn more.

簡単に訳すと「あなたは◯◯個のアプレットを作成しました。アプレットを無制限に作成するために今すぐアップグレードして、よりパワフルなProツールにアクセスしてください。詳しく見る。」という感じ。

つまり、今ままで通り無制限にIFTTTを使い続けるなら、ほぼアップグレードは必須ということになります。

自作アプレット数3つじゃ話にならないですよね。

実質的な改悪です。

スポンサーリンク

IFTTTの有料プランと無料プランの違い・比較

IFTTTの有料プラン「Pro」と無料プラン「Standard」とで、できることの違いは次の通り。

IFTTTの有料プランと無料プラン比較表
プラン名 Standard Pro
月額料金 無料 9.99ドル(約1,060円)
自作アプレット上限 3つまで 無制限
アプレット実行可能数 無制限 無制限
複数アクションが実行可能なアプレットの作成
アプレットの実行速度 遅い 速い
カスタマーサポート

まず、有料プランの価格は月額9.99ドル(約1,060円)です。

そして、無料プランが自作アプレット数3つまでというのに対して、有料プランは無制限。

ただし、他の人が作ったアプレットであれば、無料プランでも無制限で使えるみたい。

また、有料プランでは、複数アクションに対応したアプレットの作成や、実行速度の高速化、カスタマーサポートがつくとのこと。

うーん、薄い。

スポンサーリンク

2020年10月7日まで割引料金で利用可能

ただし、2020年10月7日(水)までにアップグレードすると、1年間割引料金で利用が可能です。

割引価格は自己申告制で、価格は以下4つから選んで支払うというもの。

  • 月額9.99ドル
  • 月額5.99ドル
  • 月額3.99ドル
  • 月額1.99ドル以上をユーザーが決める

つまり、最安で月額1.99ドルで1年間利用続けることができます。

無料プランのままだと今までのアプレットはどうなるか?

公式によると、今まで作成したアプレットは2020年10月7日(水)までは正常に動きます。

しかし、それ以降は稼働しなくなるようなので、それまでにどうすべきか考えなければいけないところ。

そこで、思いつくのが代替案。

IFTTTの代替案・サービスは?

IFTTTに似たサービスはいくつかります。

例えば、IFTTTの代替としての有名どころは以下の通り。

ただ、IFTTTの次に有名なサービス「Zapier」も無料プランだと5zaps(IFTTTで言う5アプレット分)、無制限の有料プランだと月額49ドルからと、IFTTTの比じゃありません。

また、「Power Automate(旧:Microsoft Flow)」は対応サービスがIFTTTより少ないですが、無料で利用可能です。

そのため、IFTTTのヘビーユーザーは月額1.99ドルで1年間利用しつつ、乗り換え先を考える。

ライトユーザーなら「Power Automate(旧:Microsoft Flow)」が無料で使えて代替え・移行先にはいいのかなと。

また、知識がある人は「Huginn」や「n8n」なんかを使ってもいいかもしれません。

IFTTTが有料プラン発表で無料は3つまでに改悪【代替案はこれ】:まとめ

IFTTTをこのまま使い続けるなら通常料金月額9.99ドルの有料プラン「Pro」にアップグレードするしかありません。

ただし、2020年10月7日(水)までなら月額1.99ドルで1年間利用できる割引プランに申し込みできます。

そのため、ヘビーユーザーならそれに加入して様子見。

ライトユーザーなら、無料で利用できる「Power Automate(旧:Microsoft Flow)」に代替というのが結論です。

ただ、改悪とは言え、「Zapier」の有料プラン価格と比較すると、「IFTTT」の月額9.99ドルというのは本来妥当な値段なのかもしれません。

ライフハック
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
izuki.net