ライフハック

Googleフォトの容量無制限バックアップ終了。代替サービスを比較

ライフハック
  • Googleフォトの容量無制限の無料バックアップがいつ終了するのか知りたい。
  • 今までバックアップした写真はどうなるの?
  • Googleフォトの代替案となるオンラインストレージを知りたい。

こんな疑問に答えます。

Googleフォトの高画質容量無制限の無料バックアップは2021年5月31日で終了します。

2021年6月1日以降に保存した写真は15GBの無料容量を消費します。

本記事では、Googleフォトの容量無制限無料バックアップの終了について概要をわかりやすく解説しています。

また、乗り換え先となる、おすすめの代替サービスをご紹介します。

今後も写真をいっぱい保存したいという方は必見です。

Googleフォトの容量無制限で無料バックアップが可能だった。

今まで、Googleフォトはオリジナルの画像サイズより少し画質を落とした「高画質」でのバックアップが容量無制限、完全無料で行えていました。

Googleアカウントは、Gメールを含めて、無料会員の場合「15GBまで」のデータをGoogleのサーバー上に保存することができます。

ところが、写真に限って言えば、「高画質」を選択すると15GBまでのデータ容量を消費せずに保存することができたのです。

無料で使える画像サイズ

  • オリジナルサイズ:15GBまで
  • 高画質:容量無制限

オリジナルサイズより画質を落としたとは言え「高画質」のためかなり綺麗な状態の写真を制限なく保存できたため、重宝していました。

ところが「今後は容量無制限の無料プランは終了し、無料で使えるのは15GBまでになる」というメールがGoogleより届きました。

Googleにもついに、限界が来たようです。

いつから容量無制限の無料バックアップが終了するのか?

容量制限がかかるのは、2021年6月1日以降に保存された写真です。

画像サイズにもよりますが、例えば、スマホで撮影した写真が1枚3MBくらいだとすれば、約5,000枚で15GBが埋まるイメージ。

つまり、毎日5枚くらい写真を撮ってたら、3年は持たない感じです。

今までバックアップした写真はどうなるのか?

今までのバックアップ分に関してはご安心ください。

2021年6月1日より前にバックアップした写真は、今後も無料で保存しておけます。

そのため、現時点ですでに20GBや30GBなど、余裕で15GBを超えてしまっていても大丈夫です。

  • 2021年6月1日より前にバックアップした写真:今後も無料(容量を消費しない)
  • 2021年6月1日以降に追加された写真:15GBの容量を消費

つまり、早めにバックアップしてことをおすすめします。

Googleフォトの代替となるオンラインストレージ

で、2021年6月1日以降、Googleフォトの代わりになるオンラインストレージが何か気になるところだと思います。

現時点で代替の候補としては以下かと思います。

  • Google One
  • OneDrive
  • Dropbox
  • Amazon Photos

あまりマイナーなサービスは潰れてしまう危険性があるため、現時点で十分ネームバリューがあるサービスをおすすめします。

次の表に価格と容量まとめました。

2GB 5GB 15GB 100GB 200GB 1TB 2TB 3TB 無制限
Google One 無料 月額250円・年額2,500円 月額380円・年額3,800円 月額1,300円・年額13,000円
OneDrive 無料 月額224円 月額1,284円・年額12,984円
Dropbox 無料 月額1,200円 月額2,000円
Amazonプライム 無料 月額500円・年額4,900円

完全無料で使い続けたいならGoogleフォト

先程の表を見てもわかりますが、無料で容量が一番大きいのは「Googleフォト」で15GBです。

また、Googleは多くのユーザーは15GBを写真のコンテンツで使い切るには「3年くらい」はもつと予想しています。

そのため、完全無料で使いたいという方は「Googleフォト」が他のサービスよりマシです。

代替先に迷っている方も、しばらくは「Googleフォト」を利用し、数年の間に代替サービスを探すのがいいかもしれません。

また、Googleは今後、不要な写真を見つけやすくするシステムを導入する予定です。

具体的には、真っ暗な写真やピンボケ写真などをAIが見つけて削除を促してくれるサービスです。

これにより、無駄な失敗写真で容量を圧迫してしまうことも少なくなることでしょう。

ただ、個人的には15GBだといずれは埋まってしまうので、有料でも無制限のオンラインストレージを使うことをおすすめします。

容量無制限ならAmazon Photos

少しお金を払っても良いから容量無制限がいいという方は「Amazon Photos」一択です。

Amazonでは、無料アカウントを持っていると5GBのオンラインストレージを使用することができます。

さらに、月額500円・年額4,900円の「Amazonプライム会員」になれば、写真に関しては容量無制限で保存可能な「Amazon Photos」を利用できます。

これが、現時点での最有力候補です。

月額料金がかかってしまいますが、他のサービスと比べてもかなり割安ですし、Amazonプライム会員なら、他の特典もあるため、正直この値段なら安すぎます。

Amazonプライム会員の主要な特典は次の通り。

  • Amazon Photos:Amazon Driveに写真を容量無制限で保存。
  • Prime Video:会員特典対象の映画やTV番組が見放題。
  • Prime Music:200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで聴ける。
  • Prime Reading:対象のKindle本を追加料金なしで読み放題。
  • Amazonフレッシュ:生鮮食品や日用品をまとめてお届けするサービスです。
  • プライム・ワードローブ:レディース、メンズ、キッズ&ベビー用の服、靴、ファッション小物の中から対象商品を、購入する前に試着できる。
  • プライム限定価格:一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買うことができる。
  • 無料の配送特典:対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料。
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料:Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になる。
  • プライム会員限定先行タイムセール:タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できる。

年額プランだと月額約409円換算になるので更にお得です。

2020年11月12日現在、Amazonプライム会員は30日間の無料体験があるので、使い勝手を試してみるのもいいかも。

以下リンクよりAmazonプライム会員の30日間無料体験を受けられます。

>> Amazonプライム会員の30日間無料体験はこちら

Googleフォトの容量無制限無料バックアップは今のうちに急げ:まとめ

以上、本記事の内容をまとめると次の通り。

  • 2021年6月1日より前に保存した写真:今後も無制限で保管
  • 2021年6月1日以降に保存した写真:15GBの容量を消費。

なお、現時点でおすすめの代替サービスは次の通り。

  • 完全無料(15GBまで):Googleフォト
  • 有料(容量無制限):Amazon Photos

まあ、15GB無料で「Googleフォト」を使いつづけてもいつかは限界がくるので、サクッと「Amazonプライム会員」になって「Amazon Photos」を利用するのがいいと思います。

なお、「Amazon Photos」ならRAWファイルも容量無制限。

\30日間無料でお試し!/

関連記事 IFTTTが有料プラン発表で無料は3つまでに改悪【代替案はこれ】