ライフハック アプリ英語

車通勤で英語を勉強するならNHK基礎英語のアプリがおすすめな理由

ライフハック
  • 車通勤で英語を勉強するいい方法はないか?
  • 車通勤での無駄な時間を自己投資にあてたい。

こういった悩みに答えます。

結論はNHK基礎英語をアプリで聴きながら勉強するのが超おすすめ。

今回は英語初心者から中級者(TOEIC800点未満)を対象に、NHK基礎英語が車通勤者におすすめな理由と、効果的な使い方をご紹介します。

聞き流し素材を探している方にもためになる記事になっています。

本記事を参考にすると、車通勤中でもNHK基礎英語を活用して無駄な時間を勉強時間に変えられます。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

NHK基礎英語とは?

「NHK基礎英語」とは、NHKラジオ第2放送で平日月曜日から金曜日まで、毎日15分間ずつ放送される英語学習放送です。

レベルは中学英語とされており、以下3種類がおすすめ。

  • 基礎英語1:中学1年レベル
  • 基礎英語2:中学2年レベル
  • 基礎英語3:中学3年レベル

書店に行けば、専用テキストがあり、併用して勉強することも可能です。

このNHK基礎英語が特に車通勤兼英語学習初心者にめっちゃおすすめです。

車通勤の英語勉強にNHK基礎英語がおすすめな理由【メリット】

なぜ、車通勤者におすすめなのか理由は次の通り。

  • 中学英語が聞き流しで勉強できる
  • テキストを見なくても勉強できる
  • 1コマ15分で区切りやすい
  • 車通勤者は声を出せる
  • 専用アプリで聴ける
  • 運転に支障がない

順番に解説します。

中学英語が聞き流しで勉強できる

NHK基礎英語は中学英語を聞き流しで勉強することができます

はっきり言って、自分のレベルとかけ離れた聞き流しは無意味。

ただ闇雲に洋楽や英語のニュースを聴きまくって理解できるようになりましたか?

きっと出来てないはずです。

聞き流しが効果を発揮する条件としては、

単語の意味をほとんど知っていて、ストーリーの内容がほとんど理解できる。」場合に限ります。

あなたにあったレベルの英文を聴かないと、聞き取とれるようにはなってきません。

つまり、「ちょっと簡単かも。」と思うくらいがあなたにとって最適な英文なのです。

大体レベルの目安としては、

  • TOEIC800点以上:英語のドラマや映画
  • TOEIC800点未満:中学英語の教材

そのため、TOEIC800点未満の人であれば、NHK基礎英語は英語を勉強したい車通勤者にうってつけと言えます。

テキストを見なくても勉強できる

NHK基礎英語はテキストを見なくても勉強が可能です。

先程お話したように、ストーリーの内容が9割方理解出来ていないと、聞き流し学習はあまり意味がありません。

その点、NHK基礎英語は単語の意味の解説や、スクリプトを日本語訳したものが繰り返し音読されるため、テキスト不要でストーリーの理解が簡単にできます。

1コマ15分で区切りやすい

NHK基礎英語は1コマ15分のため、車通勤者にとって区切りがいいです。

例えば、

  • 車通勤30分:2回分聴ける
  • 車通勤45分:3回分聴ける
  • 車通勤60分:4回分聴ける

というふうに通勤時間によって聴く回数を選択しやすくなります。

車通勤者は声を出せる

英語を勉強する上で、「音読」。つまり声にだして読むことは、絶対です。

その点、車通勤者は好きなだけ声にだして音読することができます。

電車通勤の場合はこうはいきません。

「NHKゴガク 語学講座」専用アプリで聴ける

NHKは「NHKゴガク 語学講座」という語学学習アプリを提供しています。

NHK基礎英語は「NHKゴガク 語学講座」を使って聴くことが出来ます。

このアプリを使えば、その週聴けるレッスンがワンクリックで再生されます。

つまり、信号待ちなどで再生ボタンを押せば15分間は音声が流れっぱなしになり大変便利です。

もちろん利用は無料。

NHKゴガク 語学講座
NHKゴガク 語学講座
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

運転に支障がない

NHK基礎英語を使った勉強は運転に支障がありません。

なぜなら、上記で説明したようにNHK基礎英語は次のような特徴があるからです。

  • 中学英語で内容もそこまで難しくなく
  • 15分というまとまった時間流れ
  • 専用アプリで簡単に操作ができる

「運転に支障がない。」実はコレが一番重要ですね。

事故を起こしていまったら元も子もないので。。

ただ、注意点としては、走行中スマホを手で持った状態(保持)で聴くとながら運転の違反になるのでご注意下さい。(信号待ちでの操作はOKです)

ながら運転の違反についてはこちらの記事「スマホやカーナビの「ながら運転」が厳罰化。また、その定義とは?」をご覧下さい。

私は、スマホスタンドに固定した状態で利用しています。

NHK基礎英語のちょっと残念なところ【デメリット】

車通勤者の英語勉強にめちゃめちゃおすすめする、一方ちょっとしたデメリットもなくはないです。

  • インターネット接続が必要
  • 一週間前の放送しか聴けない

インターネット接続が必要

NHK基礎英語が聴けるアプリ「NHKゴガク 語学講座」を使用するには、インターネット接続が必要です。

つまり、オフラインでは聴くことができません。

そして、通信容量を使って聴くことになるため、気にする方には少しマイナスポイントかもしれません。

私は、通信容量を消費しないよう、UQモバイルの「節約モード」で聴いています。

「節約モード」でも止まることなく十分聴くことができます。

一週間前の放送しか聴けない

「NHKゴガク 語学講座」で聴けるレッスンは、一週間前の放送分だけです。

本放送の翌週月曜日午前10:00から一週間分をまとめて配信され、その次の週は入れ替わります。

そのため、バックナンバーも聴くことが出来ません。

でも、これは「英語の勉強」が目的であれば先週の放送分でも気になりません。

スポンサーリンク

車通勤者におすすめのNHK基礎英語の使い方

それでは、車通勤者が「NHK基礎英語」で英語を勉強するのにおすすめの使い方をご紹介します。

  • 専用アプリ「NHKゴガク 語学講座」を使う
  • 行きは高学年、帰りは低学年
  • しっかり音読とシャドーイングをする

専用アプリ「NHKゴガク 語学講座」を使う

先程紹介した、専用アプリ「NHKゴガク 語学講座」を使って学習します。

NHKゴガク 語学講座
NHKゴガク 語学講座
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

このアプリは、バックグラウンドでの再生にも対応していますので、レッスンを再生しつつ、Googleマップのナビを使用するという使い方もOKです。

行きは高学年、帰りは低学年

通勤の行きは高学年のレッスンを、帰りは低学年のレッスンをするのがいいと思います。

やっぱり朝の方がやる気に満ち溢れ、頭は冴えています。

一方、仕事帰りは疲れていたり集中力が散漫になりやすいです。

そのため、行きは難しい高学年、帰りは簡単な低学年というように勉強するといいです。

例えば、

  • 行き:基礎英語3(中学3年レベル)
  • 帰り:基礎英語2(中学2年レベル)

また、基礎英語1でも十分勉強になりますので、基礎英語2、3が少し難しいと感じればより簡単な学年を聴くようにしましょう。

先程も話しましたが、聞き流しをするなら、少し簡単と思えるレベルが最適だということを忘れないで下さい。

いずれにしても、本業は運転ですので無理は禁物です。

しっかり音読とシャドーイングをする

音読とシャドーイングはしっかりやることです。

シャドーイングとは、お手本の英文が流れたら、それに続いてすぐに復唱するトレーニング法です。

NHK基礎英語では各レッスン内で、都度シャドーイングや音読をやる指示が入るため迷わずスムーズにできると思います。

せっかく声を出せる環境にいるため、音読とシャドーイングはしっかりやった方が効果はでます

車通勤者の英語の勉強にアプリでNHK基礎英語がおすすめ:まとめ

毎日の車通勤は本当に大変ですよね。

しかも、やることと言ったら音楽かラジオを聴くくらい。

往復2時間の車通勤だと仮定すると、車に乗っている時間は一年で約490時間です。

これを有効活用しないのははっきり言って損です。

どうせなら、この時間を英語の勉強に当てることで相当、力がつくはずです。

そのため、車通勤者の英語学習教材の1つとして、NHK基礎英語は最適だと言えます。

ぜひご活用下さい。