自動運転のレベル3ってすごいの?【各レベルをわかりやすく解説】

ホンダの「新型レジェンド」が自動運転「レベル3」を実現しました。

で、自動運転の「レベル3」って一体どんな技術なの?

こんな疑問に答えます。

結論から言えば、自動運転「レベル3」は、車主体でドライバーがスマホをイジってもOKなレベルです。

本記事では、自動運転の各レベルがどのようなものなのか、そしてホンダの「新型レジェンド」が実現した自動運転「レベル3」がどんなイメージなのか作動から走行まで具体的にご紹介します。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

自動運転の各レベル

まず、自動運転は大きく分けて5段階あります。

  • レベル1:足を外してOK(運転支援)
  • レベル2:手を外してOK(高度な運転支援)
  • レベル3:目線を外してOK(一定条件下で一部が自動運転)
  • レベル4:意識を外してOK(一定条件下で全て自動運転)
  • レベル5:運転手なしでOK(完全自動運転)

数字が大きくなればなるほど、車任せにすることができます。

1つずつ深堀りします。

スポンサーリンク

レベル1:足を外してOK(運転支援)

自動運転「レベル1」では、ドライバーはアクセス・ブレーキペダルの操作をシステムに任せることが出来ます。

例えば、次のようなものがあります。

  • 自動ブレーキ
  • 前方の車に追従
  • 車線内を走る

あくまで、足の操作を車に任せるというイメージのため、ハンドルを離すことは出来ません。

レベル2:手を外してOK(高度な運転支援)

自動運転「レベル2」はハンドルから手を離すことが出来ます。

特定の条件下になると、例えば車線内をキープしつつ、前方の車に追従していくという感じ。

ペダルとハンドル操作を車に任せるという感じ。

ただし、目線は常に前方にある必要があります。

何かあった際は、自動運転が解除され、ドライバーが対処する必要があります。

レベル3:目線を外してOK(一定条件下で一部が自動運転)

自動運転「レベル3」は更に一歩いって、手足だけでなく、目線を外すことが出来ます。

これにより、以下のことが可能になります。

  • テレビの視聴
  • DVDの鑑賞
  • カーナビの操作
  • スマホの操作

ただし、自分はドライバーで運転中である意識は頭の片隅に残しておく必要があります。

今回、ホンダが世界初、「レベル3」の実用化を達成しました。

レベル4:意識を外してOK(一定条件下で全て自動運転)

自動運転「レベル4」になると、運転をしているという意識も外してOKです。

つまり、運転以外の別のことをしていても許されるようになります。

このレベルの車は記事執筆現在(2021年3月25日)ありません。

レベル5:運転手なしでOK(完全自動運転)

自動運転「レベル5」になると、ドライバー無人で走行が可能になります。

自動運転の完全理想形であり、夢の車となります。

このように見ると、「レベル2」までは人間が主体、「レベル3」からは車が主体ということがわかります。

今回ホンダが一番乗りで車主体の「レベル3」を達成しましたが、ベンツやBMWも後追いで今年中に「レベル3」市場に出す予定。

スポンサーリンク

ホンダ「新型レジェンド」のレベル3のイメージ

では、ホンダ「新型レジェンド」の自動運転「レベル3」とはどんなイメージなのでしょうか。

流れとしてはこんな感じ。

  1. 高速道路を走行すると「レベル2」が作動
  2. 高速道路で渋滞が起きると「レベル3」が作動

1.高速道路を走行すると「レベル2」が作動

まず、新型レジェンドの「レベル3」が作動するには「高速道路での渋滞」が必須条件です。

そして、その前段階でまず「レベル2」が作動します。

具体的には、新型レジェンドはGPSと走行速度で「高速道路を走行」しているということを認識します。

高速道路を一定走行すると、自動で「レベル2」が作動します。

2.高速道路で渋滞が起きると「レベル3」が作動

そして、前方で渋滞(時速30km以下)が始まると、自動で「レベル3(渋滞運転機能)」が作動します。

「レベル3」が作動すると、時速50km以下で走行し続けます。

この状態で、「テレビ・DVDの視聴」や「カーナビ・スマホの操作」が可能となります。

ただし、意識は常に運転に向けて置かなければいけないので、運転手の顔が常に後ろや横を向いていたりすると警告音がなります。

これは、車内に取り付けられたカメラでドライバーの顔の向きを認識しているからです。

自動運転の各レベルとは?:まとめ

以上、自動運転の各レベルを解説しました。

今一度まとめておくとこんな感じ。

  • レベル1:足を外してOK(運転支援)
  • レベル2:手を外してOK(高度な運転支援)
  • レベル3:目線を外してOK(一定条件下で一部が自動運転)
  • レベル4:意識を外してOK(一定条件下で全て自動運転)
  • レベル5:運転手なしでOK(完全自動運転)

今後、自動車企業だけでなく、様々な企業が自動運転市場に参入すると予想されます。

なお、IT企業は「レベル4」、「レベル5」の技術を一気に目指しているそうです。

関連記事 スマホやカーナビの「ながら運転」が厳罰化。また、その定義とは?

スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
izuki.net